大祓とは六月と十二月に半年間生活してきて生じました罪(つみ)と穢(けがれ)を祓い清める古来から日本民族に伝わる神事です。罪とは包み隠される、穢とは気が枯れるという意味です。皆様一人一人がお持ちになっている人間本来のお姿に立ち返り明日からの生活を清々しく迎えましょう。

皆様のお名前と生年月日年齢をお書きになり、身体を撫で、息を三度吹きかけていただく形代(かたしろ)がございます。心身の汚れを形代に移し、我が身の代わりに致します。また、お車の形代もございます。ナンバー・氏名をお書きになり、車全体を撫でてお納め下さい。形代は社務所受付にて準備致しております。ご自由にお持ち下さい

夏越・年越大祓式のご案内

夏越大祓式 6月30日・年越大祓式 12月30日 午後6時斎行

形代は入っていた封筒に入れて神社までお納め願います。諸災解除のお札『蛇窪疫神齋』を授与致しますので玄関にお貼り下さい。お車にはダッシュボードの中へ車検証などと一緒に納めて保管下さい。また、お時間がございましたら、式典の方にもご参列下さいます様、ご案内申し上げます。

夏越大祓では社殿前の大きな茅の輪をくぐっていただきます(設置期間は6月30日当日から7月7日迄くぐれます)。

式典では、大祓詞という千年以上も前から読まれております神さまのお言葉、お祓いの詞を唱えていただきまして心身ともに清らかになっていただきたく存じます。式典後、社務所にて直会(なおらい)(皆様で恵を分かち合う大切な儀式で、簡単なおつまみと飲み物をお出し致します)を行いますので、是非ご参加下さい。皆様方の限りない発展をご祈念申し上げます。


大祓式

大祓式

茅の輪

大祓式

蛇窪疫神齋のお札

大祓式とは6月30日と12月30日の年2回行われる神事でございます。

大宝令(約1、300年前)によって制式と定められ、天皇陛下から国民に至るまで行う神事として受け継がれており、当神社でも積極的にお祓いを励行しております。

人は本来「神の子」としての清い魂をもっており、その清い魂は人間の生成、発展に正しい力を発揮しますが、長い日々の生活のうちには知らず知らずのうちに心にくもりを生じ清い魂の働きは弱められます。その心の隙に乗じて「あやまち」を犯すこととなり、我々が日常不平・不満を持つのはこのような清澄であるべき魂がくもっているからに他なりません。神道では、神様の心から遠くなって行くのを祓いによって本来の心に帰ることを教えます。

大祓式
大祓式

罪と穢れ。罪といいますとお金を盗んだとか悪いことをしたとかいうように思いますが、一説によると罪とは包み隠されるということなんだそうでございます。身を包むということでございます。人間は生まれながらにして清らかで健やかな心と体をもっておりますが、生活していくうちに、それが包み隠されてしまうのです。そこで大祓によって包みを取り除き、隠れていた本来の清らかな心身をよみがえらせようというわけです。

また、穢れと聞きますと、何か汚いものを想像いたしますが、穢れというのは気が枯れるということでございます。人間が生まれながらにもっている気、気力、エネルギーが生活していくうちに枯れてきてしまう、衰えてきてしまうのです。そこでこの大祓によりまして、気、エネルギーを回復しようというわけでございます。

したがいまして大祓式とは包み隠されてしまった人間本来の清らかな心と体をよみがえらせ、また枯れて衰えてしまった気力を復活させる神事でございまして、皆様ひとりひとりがお持ちになっている人間本来のお姿に立ち返り、明日からの生活を清々しく迎えようとするものです。

形代にはご家族一人一人のお名前と生年月日年齢を心をこめてお書きになり、全身を左・右・左と撫で祓い、特に悪いところは念入りに撫でます。次に腹から大きくふぅーでは無く、はぁーと体の奥から穢れが出て行くように息を三度吹きかけ、心身の汚れを形代に移し、我が身の代わりに致します。

また、お車の形代もございます。ナンバー・氏名をお書きになり、車全体を撫でてお納め下さい。

形代は社務所受付にて準備致しております。ご自由にお持ち下さい。事情のある方は郵送させていただきますので御連絡下さい。

形代は入っていた封筒に入れて、当日迄に神社へお納め願います。諸災解除のお札『蛇窪疫神齋』を授与致しますので玄関にお貼り下さい。お車にはダッシュボードの中へ車検証などと一緒に納めて保管下さい。また、お時間がございましたら、式典の方にもご参列下さいます様、ご案内申し上げます。

夏越大祓では社殿前の大きな茅の輪をくぐっていただきます(設置期間は6月30日当日から7月7日迄くぐれます)。 夏越大祓式6月30日・年越大祓式12月30日の午後6時より大祓の神事を厳修し、皆様方の罪穢れを古式に則り、御神威のまにまに祓い清め、形代は海に流します(形代流し)。

お車の形代

形代、車形代

形代

当日の式典では、「大祓詞」という千年以上も前から読まれております神様のお言葉、お祓いの詞を唱え神様の不思議な力をいただき身も心も祓い清めます。

大祓詞に見る「過ち犯しけん雑草の罪事」とは、確かに犯した罪は自分で自覚しているから当然その罪のつぐないをすべきですが、犯したかも知れない罪に対する自覚の念が欠けている人達が今日では多く見られます。人はとかく他人が犯した罪は強調し非難しますが、その非難する人達の方がむしろ罪を犯していることに気がついていないのではないでしょうか。それ故に自然に摩擦が起こり、世の中が乱れて来る訳であります。

大祓式

形代流し

大祓式

今、日本の国の複雑な社会の中で生活して行くには誰もが真摯に古代か ら続いている大祓の貴い教えを大切に守ることが新しい日々を踏み出す上で意義は大きく、これが国の平和や明るい家庭を築いて行きたいと願う人々の原動力となるものと確信いたします。 崇敬者の皆様におかれましては、この意義深い神事に多くの方々のご参加をおすすめ申し上げ、皆様方の限りない発展をご祈念申し上げます。

宮司拝