生命の言葉 令和二年 霜月 十一月

士は過ちなきを貴しとせず
過ちを改むるを貴しと為す


佐久間 象山

失敗しない事のみを
優先するよりも
一生懸命に取り組んだ末の
人の成長がある
佐久間象山
幕末の朱子学、兵学、洋学者。海外情勢を学ぶうち国防に危機感を抱き「海防八策」の意見書を上書。江戸で海防講義の塾を開き吉田松陰、勝海舟、坂本龍馬など多くの志士達に影響を与えた。松陰の黒船密航事件に連座し蟄居。後に許され幕命で京都に上るも攘夷派の浪士に襲撃され殉難。


月次祭おついたち参り朝粥会に参列しましょう。

毎月1日(1月以外)午前7時斎行

参列者全員でお祓いの言葉を奏上して、清浄な心を持って日常生活に励み、精神向上を目指して、楽しく有意義な人生をおくりましょう。

※現在、式典後の朝粥会は自粛しております。