武蔵の国     除災招福総鎮護     蛇窪大明神

品川区の上神明天祖神社 願いをかなえる白蛇祈願

English Page


心のふるさと 上神明天祖神社 由来



神社名
上神明天祖神社(かみしんめいてんそじんじゃ)
旧社格
村社
旧地名
蛇窪
旧社名
神明社
御創建
鎌倉時代・西暦1322年頃
鎮座地
東京都品川区二葉四丁目四番十二号
御祭神 主神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
配祀
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
         応神天皇(おおじんてんのう)

境内末社

厳島弁天社
市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)
         田心姫神(たごりひめのかみ)
         湍津姫神(たぎつひめのかみ)
         蛇窪龍神
         白蛇大神
伏見稲荷社
稲荷大神

上神明天祖神社の由緒よりこれらの神様を総称して蛇窪大明神と奉称致します。


上神明天祖神社白蛇

       奉納 蛇窪龍神 元上神明小学校教諭 佐藤喜美子先生

一.天祖神社由緒

    文永8年(鎌倉時代・1272年)11月10日、北条四朗左近大夫陸奥守重時は、五男の時千代に多数の家臣を与え蛇窪(現在の品川区二葉四丁目付近)に残って当地域を開くよう諭して、自らはこの地を去りました。
    その後、時千代は、法圓上人(ほうえんしょうにん)と称して大森(大田区)に厳正寺(ごんしょうじ)を開山し、家臣の多くは蛇窪付近に居住させました。現在、厳正寺の壇徒がこの地域に多いのは、こうした理由によるものです。
    文永8年の秋から50年ほどを経た元享2年(1322年)、武蔵の国(現在の東京・埼玉)一帯が大旱魃となり、飢饉の到来は必至と見られました。このとき、厳正寺の当主、法圓の甥の第二世法密上人は、この危機を救うため、厳正寺の戌亥(北西)の方向にあたる森林の古池のほとりにある龍神社に雨乞いの断食祈願をしました。上人の赤誠(偽りや飾りのない心。まごころ。)と神霊の冥助により、大雨が沛然と降り注ぎ、ついに大危機を免れることができました。
    これに感激した時千代の旧家臣たちは、蛇窪に神社を勧請し、神恩にこたえて祀りました。これが現在の天祖神社の縁起とされています。
 なお 一説には、鎌倉時代に、この地の豪農、森屋氏(現姓森谷氏等の先祖)が建立したものとも伝えられています。 天祖神社由緒
    当社の旧社名は神明社です。現在の下神明天祖神社は、正保年間(1644年)、今から約370年前、蛇窪村が上蛇窪村と下蛇窪村に分立の際に、当神社から現在の所在地に分社されたと言われています。その後、昭和7年10月に東京市内編入の際、氏神である神明社に因んで町名が上神明町・下神明町に改名されました。したがって、これ以後に現在の社名、天祖神社に改名されました。(荏原区史)

二.白蛇縁起

    鎌倉時代、天祖神社の社殿の左横(現在の消防団詰所付近)に清水が湧き出る洗い場があり、そこに白蛇が住んでいました。

白蛇縁起1

     時移り、いつのまにか洗い場がなくなり、やむなく白蛇は現在の戸越公園の池に移り住むようになりました。
    あるとき、土地の旧家森谷友吉氏の夢枕に白蛇が現れ「一日も早くもとの住みかに帰してほしい」と懇願しました。
森谷氏はこの話を宮司に伝えて、白蛇をもとにもどすよう願い出ました。宮司は弁天社【琵琶を奏でる姿から音楽や芸術の才能を伸ばし、弁知(知恵)の神、安芸の宮島厳島弁天社の御分霊である弁財天を祀る】を建立することに決め、現在の駐車場地に 池を掘り、池の中央に小島を設け、その中の石窟に石祠を造って白蛇を祠ることにしました。古老の話によれば白蛇を迎える日の夜、いよいよお迎えの祝詞を奉上しようとしたとき、それまでの輝くばかりの星空が一天にわかにかき曇り、雷鳴とともに大風が立ち起こり、そのさまは身のすくむ思いだったということです。白蛇縁起2

     戦後昭和29年に櫻井昌利氏(鳶頭)をはじめ有志の方々の御浄財により、お社は現在地に移され、上屋や弁天池なども造営されました。
また、弁天社の白蛇は真鍋勝氏の手造りにより奉納されたものです。
白蛇縁起3

     当地がかつて蛇窪と言われた由来から考えてみても、天祖神社は弁天さまと蛇との密接な因縁があることが理解されます。 私達はこの白蛇にあやかって、平素清浄な心と優しさを持って生活して行きたいものです。


三.稲荷社のいわれ

 

    お稲荷さまは、京都伏見稲荷大社の御分霊をお祀り申し上げています。 元享2年(1322年)に武蔵の国を救った雨乞いの断食祈願に基づいてお祀りされ、明治12年の神社明細帳にその名が見られる事から、相当古くから祀られていることは確かです。

    御神徳は、衣食住を司り、私たちの家業繁栄、家内安全を昼夜の別なく御守護下さっています。

   現在の神殿、上屋、燈籠などは、櫻井昌利氏をはじめ氏子篤氏家の寄進によるものです。

稲荷社のいわれ1 稲荷社のいわれ2


四.大鳥居縁起

    大鳥居は、大正初期、土地の有志が発起人となり、建立されました。第二次大戦の空襲で、本殿や境内建造物、樹木等が丸焼けになりましたが、大鳥居のみがその戦禍を免れ、付近の人たちに不思議がられていました。
昭和四十九年、氏子篤志氏家の熱意により、銅で修復されました。
歴史とともに約七十年、大鳥居はその不思議な神の御加護により、氏子全体を御照覧下さっています。 今日、この大鳥居の縁起を述べ、後世に伝えるものです。

五.社号標

    紀元2600年(昭和十五年)奉祝と、当社が村社に昇格したのを記念して建てられたものです。奉祝式典が行われた時、全国の神社で神楽舞「浦安舞」が一斉に奉奏され、現在も続けられています。題字は、当時の東京府知事岡田周造氏の謹書によります。裏面には社号標建立に奉賛した氏子総代各位の御芳名が刻まれています。
文字は先代宮司齊藤信臣の書によります。

六.御大典記念の碑(ごたいてんきねんのひ)

    明治四十五年(西暦1912)年七月三十日 大正天皇が即位(天皇の位につく)されたのを記念して建てられた碑です。裏の碑文は明治二十四年品川用水(かんがい)水利権に関し訴訟問題が起こり用水利用者金子仲次郎氏外二十名が荏原郡長に訴願したが認められず、更に明治二十八年東京府知事に上告し認められる迄の過程を記録したものです。

誠なる心を以ちてむかへなば
光輝く後の世までも

七.土搗(づつき)石のいわれ

    この土搗石は江戸時代より武蔵国荏原郡上蛇窪村に伝わる石で村内で住居、納屋などの普請がある度に村人が交替で手伝い歌を歌いながら敷地を固めた石 で(別名オカメサン)大正七年頃まで使用したものです。 平澤忠義氏より譲り受け社宝として後世に伝える ものです。

資料提供者 櫻井栄次氏

八.庚申橋(こうしんばし)

    大正末期頃まで渡る事が出来た立会川の橋げた。現在の原っぱ公園信号機のあたりに橋があったようです。きれいな水が流れ、魚が沢山泳いでいた、子供達が水あびに、魚取りにと賑わっていた様です。

九.石燈籠(いしどうろう)

    大鳥居前の石燈籠は、昭和五十九年九月十六日豊町五丁目在住で氏子総代の久保虎次郎・スエ御夫妻の御寄進によるものです。

十.平成の大改修

    現在の本殿及び手水舎は平成十年に、社務所は平成十五年に、神輿庫は平成十六年にそれぞれ建て替えが行われ、平成二十三年には拝殿屋根が改修されました。

    これらは何れも氏子の皆様の御浄財により行われたものです。

東京福めぐり

Menu

TOP 初詣の御案内 荏原七福神めぐり 平成29年厄年早見表 七五三詣着付けプラン お守りの御紹介 神棚・お神札Q&A 氏神様と建築儀礼 人生の祭り 祖先の祭り(神葬祭の御紹介) お問い合わせ

神社維持運営に
御協力のお願い

神社維持運営に御協力のお願い

平成の大改修

御本殿等建設奉賛会決算報告 社務所建設奉賛者御芳名簿 拝殿屋根改修奉賛者御芳名簿

Gallery

平成21年 例大祭 平成23年 例大祭 平成27年 蛇窪祭 スネークタウンの愉快な仲間たち 白蛇伝説の街~スネークタウン東京・品川区二葉~

上神明天祖神社社報

平成29年3月210号

リンク

厳正寺 水止舞 荏原七福神 公式サイト 太田神社 しながわ観光協会 祭事記 一般財団法人 岩国白蛇保存会 老神(おいがみ)温泉旅館組合 東京福めぐりHP